« 2014年11月 | トップページ

2014年12月

朝寝坊の訳

最近、朝 なかなか起きることができません。

 

寒いから、なのかもしれませんが…

夢の中で疲れるからかもしれない!

と思っています。

 

ある朝は、

なぜか使徒と戦って目が覚めました。

(↑エヴァンゲリオン…)

夢の中なのに戦ったので、

朝からすでに疲労感が。。。

 

別の朝は、

フランスへ旅行へ行っていました。

 

「前来た時(←新婚旅行のことだと思う)は

 ここ、無かったよね~」

とか言いながら

パリ市内と思われる場所を見て、歩いて…

していました。

 

朝からなんだか楽しかったけれど

やっぱり疲れてしまいました。

 

「パリ行ってて、寝坊した」

と言ったら

「はあ?」と言われそうだったので、

 

「朝の準備、遅くなってごめんね。」

と普通に謝りました。

 

彼の出勤一時間前に起きてしまい、

それから自分の身支度をし、

お弁当を作り、朝ご飯を用意し…。

 

「遅れなかったらいいよwink。」

と言ってくれました。

 

ああ、使徒と戦って寝坊した、とか

言わなくてよかったー。。。ヾ(;´Д`A

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スパゲティについて語る

実家のほうへ帰った時、
お外で スパゲティのランチを食べました。

食べ終わった彼が、
「外で(外食で)パスタ食べたいものなのかな?」
と言い出しました。

お店にお客さんが多かったけれど
外に出てまでスパゲティ食べたいのか?と彼。

「うーん、まあ、食べたい。」
と私。
けっこう多くの女の人がランチをパスタという選択にしていますし。

わざわざ外で食べなくても
家で食べるので十分じゃないか、と彼。

えーっと、それは
私の作るスパゲティ > お店のスパゲティ
というふうに考えて、喜んでいいんでしょうか。

でもねー…と私。
家で作るパスタに イクラとかトッピングしようと思うと
コストかかりすぎるから、
外で食べたほうが イクラが無駄にならなくて済むよ、
と説明する私。

イクラ要らないし、と彼。

…そういう話じゃなくて、
スパゲティに入れる具材によっては
家で作るよりお店で食べるほうがメリットあるよ、
という意味。

あとは、
友達とランチ、っていうときに
スパゲティにするなら家で食べよう!とか
言わないでしょう〜?
と説明。

でも、彼はどうも納得できないようでした。

うーん、何を求められていたんでしょうか。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

続、大人ごはん

「大人ごはん」の話で、
一歳位まで ミルク以外食べなくても
別に問題なさそう、という結論に至った私。

おかゆが嫌いだと思われるメルちゃんに
定まった離乳食を与えていませんでした。
(ヨーグルト、りんご、みかん、パンなどを
つまみ食い程度に食べさせていましたが。)

健診に行ったところ、
離乳食を食べさせろ!と注意され…

↑メルちゃんの成長や健康面に全く問題ないのに。

「大人ごはん」で書いたように
工夫してもダメだったので、
金に物を言わせる作戦にすることにしました。

今の所一番好きそうなパンを購入し、
(こだわっているパンは値が張る…)
早速食べさせてみました。

もっと!と言わんばかりに食べました。

メルちゃんは なぜか口が肥えていることに
薄々気づいていたのですが、
買ってきた「やさいパン」で 確信しました。

この「やさいパン」は、
フランス産にんじん と 北海道産かぼちゃ、
北海道産小麦粉を使っている というこだわりパンです。

翌日も食べました。
その次の日も食べました。

パンは、
離乳食の場合は パン粥にするのが普通のようですが、
パンをそのまま食べさせました。
(こうしないと食べないだろうと
私のカンが言った。)

ちゃんともぐもぐして食べました。

「早い子は、もう大人と同じもの
(すりつぶしたりしてないという意味だと思う)を食べる頃なのだから」
とか健診で言われたけれど、
離乳食やってないメルちゃんは
もう大人と同じ状態のパンを食べます。

…ただし、美味しいものに限る。

更新の予約がなぜかできないので、
書いてすぐ公開しました。
室内と手が乾燥しているからか、
タッチパネルの反応が悪いので
誤字脱字など お見苦しい点、ご容赦くださいませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

彼と私とおでん

私はおでんがキライです。

別に嫌う理由は特にこれといってないのですが、

好きになる理由が全くありません。

特においしいと思うこともないので、

わざわざ作ってまで食べたくないのです。

 

ある日、彼がスーパーで

ひとりぶん(かな)のおでんセットを

じーっと見ていたので

 

「おでん食べたいの?」

と聞いてみました。

 

いつもは べつに~とか適当な返事をする彼なのに

「うん。」と答えたので

よほど食べたいのだろうと思い、

仕方なくおでんを作ってあげることにしました。

 

大根、厚揚げ、ちくわ、こんにゃく、たまご、人参

を入れて、

おでんを作りました。

 

自分で言うのもなんですが、

初めて”おいしい”と思うおでんができました。

 

お弁当に入れてもいいとか言われたので、

調子に乗って

またお買いものに行ったとき

おでんの材料を調達し、おでんを再び。

 

そして、

お弁当に本当に入れてしまいました。←後日写真出てくる予定。

 

一か月の間に4回もおでんが食べられたので、

彼もきっと満足していることでしょう。。。たぶん。

でも、私はやっぱり別に好きにはなれないかな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彼の引き出し

今住んでいるここへ引っ越してきた頃、

彼の下着や靴下などを入れる引き出しを

私がきれいに整頓しておきました。

 

出産前後、

私がお留守にしていたので

彼の引き出しを見ることが無くなり

しばらく

彼の引き出しを確認していませんでした。

 

たいていの場合、

彼はヘビーローテーションで同じものを着続けているため

引き出しに収めることが無いのです。

 

あるとき、

いつも着ない(いつものローテーションに入っていない)下着を

取り出してきて、着ていました。

 

洗濯が終わって、服をたたんで

彼の椅子の上に置いておきました。

 

洗濯が終わった下着を彼は引き出しに収めている、

と思っていたのですが

なかなか椅子の上からなくならないので

久しぶりに彼の引き出しへ

収めに行くことにしました。

 

彼の引き出しを開けてびっくり!

キレイに片づけていたはず(私の最後の記憶によると)なのに

中身がぐちゃぐちゃに・・・sweat01

 

今まできれいに整頓していると信じていたのに~sad

出したところに収めたら

ぐちゃぐちゃにならないハズでしょー!!

どういうこと~sign02wobbly

と心の中で文句言いながら

きれいに整頓しておきました。

 

この状態はいつまで保たれるのやら…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ