マタニティ・ベビー

服を求めて三千里!?

前回のお話の続きのようなものです。

メルちゃんの服を
そろそろ新しいものにしよう、ということで
(成長したし、季節も変わるし)
ベビー服を色々探してお出かけしました。

彼が かわいい!と言っていたものを
彼と一緒に見に行きました。
(彼、セール対象ではなくなっていたため
断念していたそうです。)

たしかにかわいらしい羊さんの柄でした。
よーく見ていると、
その服の後ろに ひよこ柄 と くまさんも発見。
「あ、こっちもかわいいよ。」
と私。

「どれでもいいよー」
と言い出す彼。

自分にはメルちゃんの服を選ぶ権利無いんだあ〜
とか彼は思っているに違いない、
と思った私は
「どれか選んで〜wink
と彼に任せて
違う服を見に、その場を離れました。

可愛いワンピースとボレロのセットを見つけ、
私はそれに夢中でした。

少しして、彼が選んで来たのは
ひよこさんでした。
(あ…Padの写真はアップできないらしい…crying

赤ちゃん本舗、ベビーザらス、イオン、西松屋…
と巡りました。

彼はもう一点、
青いボーダー柄が可愛い!
と言って、買おうと勧めてきました。

「えー!
ボーダーやだー。
ピンクとか花柄がかわいい。」
と抵抗する私。

「サムだって時々ボーダー着るじゃん。」
と彼。

自分のは選ばれないんだぁ〜
とかいじける(笑)ので、
ボーダーの服も決定。
もちろん花柄も買ってもらいました。

あぁ、せっかく服の写真撮ったのにな…gawk

そんなこんなで、
ベビー服の品揃えが良かったのは
イオンと西松屋でした。
赤ちゃん本舗とベビーザらスは新生児用が豊富。

二ヶ月くらいのベビー服って
いちばん少ないのかも…。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

赤ちゃんのおかげ

昨日の続きです。

処置が終わったらしく、
目をうるうるさせて彼が戻ってきました。

放心状態だった私は
助産師さんに言われたことを
思い出していました。

呼吸が上手だから
生まれてこようとする赤ちゃんが
全然苦しそうじゃないよ!

あ〜
お腹にいる時に
話しかけた効果があったのかな…

お腹にいる時に時々、
「苦しくないように生まれてきてね」、と
語りかけていました。

破水から誕生まで
約4時間だったのは、
赤ちゃんのおかげと
彼がそばで呼吸してくれたり
水を飲ませてくれたりしたおかげかな。

彼は、
「立ち会うと、
ふたりに感謝しなきゃって思った!」
と言っていました。

少しして赤ちゃんがやってきて、
彼とふたりで観察していました。

「どっちに似ている?」とか
「髪の毛ふさふさじゃない⁉︎」とか…

私が入るお部屋がまだ空いていないとのことで、
陣痛室というところで待つことに。

その間、
彼とふたりでお話しして過ごしました。

午後になり、私の入るお部屋へ…
ちょっとお値段が張る個室に入ることになってしまいました。
こんな贅沢個室に入らなくても…と
思っていましたが、
後日このお部屋が役に立ってしまうのでした。

続く。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

病院へ行く

昨日の話の続きです。

朝4時 トイレで水が流れ出してきて…

とりあえず電話しなくちゃ。
と思い、彼に電話。
こんな時間に起きているわけないので出ず。

病院に電話すると、
私の予想通りの反応で、
入院準備をして病院に来るように、とのこと。

母を電話で起こし、
彼にまた電話をし、準備をしながら何度かかけて
破水したので今から病院へ行くと伝え、
病院で合流することにしました。

私たちが病院へ着くと、
ちょうど彼も到着したところでした。

まず、診察してもらうと
完全に破水している、とのこと。

陣痛っぽい痛みが来ているし
感覚も短いような気がする と言っていると、
「破水した直後は陣痛っぽい痛みがあることがあります。」とのこと。

子宮口が1センチ開くのに
1時間かかるのだそう。
今は3センチらしいので、
あと…何時間もかかる…gawk

激しい腰痛のような腰の痛怠さが
10分の休憩をすることなく
やってきているような感じ。
…と、
そばにいる彼に痛みの実況をして
気を紛らわせながらブツブツ言っていました。

点滴をつけられて、内診をすると
病院到着時よりも子宮口が開いているそうで、
「奇跡的なスピードで開いてますよ!」
と言われました。

もう何時なのか自分では記憶がありません。

陣痛を待つ部屋へ通されるはずが、
そこへ入ることなく
分娩室へ連れて行かれてしまいました。

腰の痛怠さが激しさを増しました。
とにかく腰が痛だるい!
激しい腹痛とお尻の辺りが痛いという
緊急の下痢っぽい、けど出ない
という変な感じ。…が似ている痛みかも。

そばにいる彼が
水を飲ませてくれたり、
私が息をするのを忘れないように
深呼吸に付き合ってくれたりしていました。

明日へ続く。

| | トラックバック (0)

最後の健診

思い出になるよ、
と彼に言われたこともあり、
生まれる時のことを長々と綴る予定です。

コメント欄は
後半のほうで開く予定です。

まずは、先週の健診から…

もちろんですが、
そのときはこれが最後の検診になる
とは想像していませんでした。

いつものようにお腹の中を診てもらいました。

「変な方向向いてるね」
とまおみ先生virgo
「難産になるかもね〜」

赤ちゃんの向いている方向が
生まれるのが難しそうな方向だそうです。

私の中では、
難産って出てくるのに何時間もかかるイメージ。
出てくる赤ちゃんも
出す私も何時間も苦しむことに⁉︎
とちょっとビクビク。

その後、
入院時に持ってくるよう指定されていた物品を購入。

銀行へいき
窓口終了間際に札束を受け取り、
パン屋さんへ行き…と
大きなお腹で彼と一緒にうろうろしました。

車で移動し、またお買い物。

夕方になり、
「夕食どうする?」
と彼。

私は実家に帰っていて、
彼はお仕事があって、
一週間も離れ離れで過ごしていた私たち。
久しぶりに一緒にお食事をすることにしました。

お寿司に行こうと思ったら、
平日にもかかわらず行列。
あきらめて、
彼の好きな餃子を食べに行きました。

「生まれるのが近くなると、
赤ちゃんが下がってきて
胃が楽になってお腹空くらしいけど
全然お腹空かないんだよね〜」
と私。

餃子とエビチリを食べると
ほとんどお腹いっぱいになりました。

帰り道、
なんとなーくお腹が痛いような…
でも、気のせいかな〜?
という感じ。
と彼と話していました。

ふと 車の中から空を見ると
オレンジ色の月が見えました。

家に帰ると、
全身がものすごく疲れていて、
腰痛もひどい感じがしてきて
すぐに眠りました。

夜中、2時くらいに
腰痛で目が覚めました。
3時になって、また腰痛で目が覚め…

4時、トイレに行きたくなり、
トイレで座っていると
「ゴボゴボ」という謎の音が聞こえたような気がして
立ち上がると
ものすごい量の水が流れ出ました。

…あ、これって…flair

明日に続く。

| | トラックバック (0)

一人で出かけたくない

「実家に帰ったら

 銀行めぐりしよう♪と思ってたんだけど…」

と彼に話しました。

(↑まだ一緒に居る頃に)

 

”銀行めぐりって何?(笑)”と言われました。

銀行をハシゴして

通帳記入するのが好きなんです、私。

(変な趣味のひとつcoldsweats01

 

島には無い都市銀行に行けるー!happy02

と思っていたのですが、

”妊婦に暴行”が流行っているらしいので

ひとりで出かけるのはやめました。

…と彼に説明。

 

「どれだけひどい世の中なの?」

と彼。

 

幸いにして私は出会ったことないですし

出会いたくもないですが、

あとは生まれるだけという時期に

何かしらの危険に遭うimpactのもイヤなので、

ひとりで出かけないようにしようと。。。

 

そんな”危険”が流行っていると知らなかったとき、

彼との待ち合わせ場所へ行くために

ひとりでショッピングモールをrunうろうろしたことがあります。

 

どこかのドアを出るとき、

若い女の子たち(高校生かな?)が通った時に

私が閉まりかけのドアにぶつかってしまいました。

 

ちょっと急いでいたので

彼女たちを追い越して歩いていると、

「え?sweat01え?coldsweats02

と後ろから聞こえてきました。

 

ドアにぶつかった人(←私)が妊娠中と気づいたようで、

ものすご~く申し訳なさそうに

bearingすみませんすみません!」

と声をかけてくれました。

 

声が聞こえそうにない距離だったので、

私は振り返って何度か頭を下げて

早足で歩いて行きましたrun

 

こういう人もいるので

危害を加えてくる人がいるとは

あまり思わなかったのですが…think

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

電話が嫌いな私

彼とお別れした日の検診の後…

 

その検診の際、

内診(おなかの内側のほうを触る)があったのですが

”内診の後は出血することがあります”

と以前から聞いていました。

 

でも、内診直後は全然出血がなかったので

全く気にしませんでした。

 

夜、実家にいる間に少々出血があり、

翌朝は、出血がなさそうでした。

 

あ、おさまったのかな、と思っていたら、

また午後くらいから出血が…typhoon

 

母親(←私の)がストレスを与えてくるのもあって

出血してるのかと思ったので、

夜になって

「内診後の出血って何日くらい続くの?」

と聞いてみました。

 

「出血してるの!?」

となんだか急に心配そうな態度になる母。

 

内診後は出血するから、

出血量が多くなかったら様子見でいいんだけどー

と説明したのですが

 

母は

hospital病院に電話して聞きなさい!

寝てる間に何かあったらmobilephone連絡して!

house同じ家の中だけど、

  連絡はmobilephone電話使うんですcoldsweats01

と 異様に心配していましたsweat01

 

”病院に電話して聞く”というのが

とーってもイヤな私shock

 

そもそもどこかにtelephone電話するのがイヤ。。。bearing

面倒なのではなくて、億劫というか

怖いというか…びくびくするというか…

 

まあ、でも、おなかの中の人が

お亡くなりになっているほうが怖いshockので

(おなかの中で動いているけど…)

telephone電話してみました。

 

すると、病院ではあっさり

telephone「様子見でいいですよー」

と回答されました。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

初めてのNST

(あ~途中まで書いたのに

 パソコンに文章消されてしまったcrying

この間の検診hospital

初めて「NST」というものを体験しました。

「NST」とは

胎児の心拍数を30分くらい計測するもののようです。

私のおなかに

聴診器の先端部分に似た器具を付け

胎内の赤ちゃんの心拍数を測ります。

心臓のバクバクいう音が聞こえます。

「赤ちゃんが動いたら

 このボタン押してくださいね~」

と言われ、スイッチを渡されました。

彼はそばに座って機械を眺めたり

うとうとしたりしていました。

(朝早く出たので…)

渡された謎のスイッチを

中の人が動いたときに押してみたのですが、

押したときの手ごたえもなく、

音もならないので

私が押してるのって意味あるのかな~??

と思い、

機械を見ている彼に

「ボタン押したら何か変わった?」

と聞くと、

「別に…eye

と答える彼。

彼が見ている機械から

少しずつ折れ線グラフが書かれた紙が

ちょっとずつ出てきていました。

その紙を見ていると、

”動いた”とボタンを押した意味があったと

判明。

「♪」マークがところどころについていました。

計測が終わって、

「あ~ちょっと心拍数高いねえ」

と看護師さん。

(もしかして助産師さんだったかも??)

まおみ先生virgo(担当のドクター)は

「(この時期になってもまだ)よく動くね。」

と言っていました。

お母さん(私)がナーバスになっていたりすると

赤ちゃんに伝染して心拍数が高くなるとか…

あー…(心当たりありsign02

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

熱心な彼

彼が一生懸命、かなり熱心に

チャイルドシートとベビーカーを

探してくれました。

 

私は優柔不断なのでcoldsweats01

見れば見るほど

「あれもいいな~notesこれもいいな~notes

と言って決められなくなるため、

彼が探してくれているのでお任せしました。

 

ベビーカーって使うかどうかわからないよね~、

と言って決めかねていたのですが、

・食料品などのお買いものに行くとき

 赤ちゃんを置いていくわけにもいかないし

・腰が痛いとか言う人(彼)は

 ずっと抱っこするのはキツイよ

ということで、使うことにしました。(あくまで予定)

 

彼がいろいろ見て、search探してきて

「これでいい?」と聞いてきて

けっこう早い決断でした。

 

私はこだわりだすとキリが無くなるので、

特に悪いところも無さそうだったので

それでお願いしました。

 

チャイルドシートは、

何か月もの間、かなり悩んでいました。

 

座る状態だけではなく

ベッドのように寝れる(横になれる)ものもあったり、

クッションが違うとか…いろいろ。

 

所持している車car

shine純正チャイルドシートがいいんじゃないか!?

とか

義務年齢の間ずっと使えるのがいいのでは!?

とか

EUの安全基準のほうが…とか

ものすご~く考えていました。

 

彼の職場の人に

「ものすご~く悩むのは初めの子だけだよー」

と言われたそうで、

思いつめるのを少しやめたみたいでした。

 

「これでいいかな?」

と彼が私に聞くので、

 

「ミッキーがいいheart04って言ったらどうするの~」

と答えたら

彼がちょっとtyphoon困っていたので、

彼が決めたものにしよう、と

答えました。

 

熱心に探してくれて、嬉しいですhappy02

 

結局”コンビ”のを買ったのですが、

直後に

「タカタも気になる~bearing

と言い出す彼………coldsweats01

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

太ももの骨

2月末の検診にて…

 あ、そういえば、「検診」と書いていますが、

 もしかして 実は「健診」じゃないのか!?と

 疑問に思い始めました…

 

 私も彼も「検診」だと思い込んでいたので

 ふたりとも疑問に思っていなかったもので。。。sweat02

 

どうも最近は肋骨が痛い!と思っていた私。

まおみ先生virgo

中の人はどんな状態で入っているのか聞いてみました。

 

おおざっぱに頭が下で

足(とかお尻)が上のほう、

とはわかっていましたが、

この肋骨にあたっているのは何!?

と疑問に思っていたので。

 

みぞおちのあたりにあるのは

「ももの骨だね~」

とまおみ先生virgo

 

ということは…

肋骨からみぞおちにかけて

太ももの骨とか膝があって、

私の胃や肺を圧迫しているようです。

 

それは痛いはず、と内心納得する私。

 

普通に座っているだけでも

肋骨に骨が当たって痛いのに、

少し(ほんの少しでも!)前かがみになると

つっかえ棒のようになって

さらに痛い&苦しいです。

 

落ちているものを拾うのは苦痛です。

何も落ちないで欲しいです。crying

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おへそ仲間

彼は、なぜか…

私のおへそを気に入っているのか

時々執拗に触ってきます。

 

おへそが出ているわけではないので、

服の上から触ると

なんとな~くへこんでいる場所があるようで

そこに向かって指を入れてこようとします。

 

そして、そのあとに限って

”中の人”が

おへそに向かって中から攻撃してきます。

 

足か手かわかりませんが、

手術したおへその縫い目が裂けて

出てきちゃうんじゃないか!?

と思うくらい

中から集中攻撃されたこともあります。

 

「おへそ触ったら、

 後で中からおへそ狙い撃ちしてくるから

 ダメ~」

と、おへそを触る彼に言うと

 

「え~」

と嬉しそうに言いながらおへそを触ってきます。

「何かつながってるのかな~♪」

 

いや~ん、と言って逃げる私。

 

偶然かと思っていたのですが、

彼に おへそを触られなかった時は

”中の人”からおへそを攻撃されません。

 

やっぱり”中の人”は

彼がおへそを触ることで何か

反応をしているのでしょうか…

 

男の人は実際に生まれるまで実感が無い

と耳にしますが、

私のおへそを通じて(!?)

仲良くしてくれているのはいいことなのかなぁ…

 

…と思いつつ、

中からおへそを集中攻撃されるのは

痛いです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)